「太い文字」を駆使する

重要な文字に色を付けると、周囲とのコントラストが大きくなって、確かによく目立ちますが、何でもかんでも重要な箇所に色を付けていると、全体が散漫なイメージになったり、見づらくなったりします。一方、太い文字を使ってコントラストを高めると、高い視認性(目立ちやすさ)を保ちながらも、散漫なイメージをなくすことができます。