センタリングではなく「左揃え」

基本的にセンタリングは避ける。センタリングを効果的に使うことができる場面はありますが(1文しかない場合や一つの図しかない場合)、センタリングを活かすには相当のテクニックが必要になります。また、センタリングは、行のスタート位置がバラバラになり、段落や文章を認識しづらくします。ですので、まずは基本の左揃えをお勧めします。相当の理由がない限り、左揃えにします。