色を使ってグループ化

2つの事柄があり、それに対応した2つの図があるとします。こんなときは、対応するもの同士をグループ化すると、状況を捉えやすくなります。対応するものを近くに配置してグループ化するという方法と、距離ではなく「色により関連づける」という方法があります。