余裕をもった配置
しばしば枠の中に単語や文章を入れることがあります。このとき注意したいのが「ニアミス」。文字が枠のギリギリになってしまうと、枠の近くの文字が非常に読みにくくなります。「ギリギリだけど収まったからいい」なんてことはありません。枠の中に、余裕を持って文章を配置しましょう。文章を枠内に入れる場合は、上下に1文字分ぐらい余白を確保すると良い。